透明封筒の新製品も続々登場

透明封筒の新製品も続々登場 ダイレクトメールを送る場合は透明封筒がオススメです。
紙の封筒だと、中身が見えませんから、開封されることなくゴミ箱に放り込まれるリスクが高まります。
しかし透明封筒を使ったダイレクトメールなら透き通っていて中が丸見えですから、開封されやすいというメリットがあります。
とくにダイレクトメールにお得な割引券やクーポン券などを入れておくと効果が高まります。
割引券やクーポン券がチラリと見えると興味を持ってもらいやすいですから、開封率が劇的に高まります。
また透明封筒はビニールでできているので、紙の封筒にくらべて耐水性に優れており、雨に濡れてもへっちゃらです。
またコスト的にいっても紙より優れています。
透明封筒は現在新製品が続々登場しています。
従来のようなハガキ・ポストカード用のものだけでなく、手提げ袋タイプ、名詞入れ用、CD・DVD専用タイプ、ペットボトル用など実に様々なものが登場しています。
用途もダイレクトメールだけでなく、工夫次第で色々使えます。

DMの開封率向上に貢献する透明封筒

DMの開封率向上に貢献する透明封筒 透明封筒とはポリプロピレンを素材とする透明な封筒のことで、中身が何なのかを手に取った人が一目でわかるのが特徴です。
機能性にも優れ、水や汚れに強く、紙を素材とする封筒よりも防水性や防汚性があります。
さらにシワになりにくく、中身を濡らさず持ち運んだり郵送することができるので、湿気の多い梅雨時期にも活躍します。
質感はハリがあり見栄えが良く、高級感もありますが、軽量で低コストなので配送代の削減にも役立ちます。
利便性の高さから、衣料品やアクセサリーのラッピング、ブックカバーなど様々な用途で使われています。
用途の中でも、透明封筒が用いられる場面として多いのが、企業が広告物やカタログなどをDMとして郵送する場合です。
視覚的効果が抜群なので、一瞬で目を引き開封率の向上に貢献します。
シンプルな封筒に入った中身のわからない郵便物よりも、魅力的なキャッチコピーやサンプル品など、視覚へダイレクトに訴えることができるのが魅力です。