透明封筒(透明封筒)で送るDMの効果とは?

透明封筒(透明封筒)で送るDMの効果とは? DMで利用されている封筒には色々な種類があるのですが、その中のひとつに透明封筒があります。
透明封筒の特徴としては開封しなくても中身を簡単に確認する事が出来るという点があるのですが、DMとして利用する場合の効果としてはこの特長を活かしたものが挙げられています。
例えば透明封筒の場合はある程度中身を確認できるようになっているのですが完全に中を確認するためには開封しなければいけないので、開封率を普通の封筒よりも上げることができるとされています。
また中身がどのようなものなのかが一目瞭然なので、中身を確認して開封する事が出来るということで営業効果も高くなっているのではないかと考えられているのです。
しかも透明封筒の場合は普通の封筒よりも色々なデザインを印刷する事ができるようになっているので、よりオリジナリティに溢れるデザインを起用する事ができます。
それによって広告効果を上げることができるとされているので、色々なメリットがあると言われています。

袋の豆知識 透明封筒(DM・CD 袋・透明 A4 封筒)

袋の豆知識 透明封筒(DM・CD 袋・透明 A4 封筒) 透明封筒は、企業が宣伝のために配布するDMやカタログ・パンフレット配布などによく用いられ、中身が見えることで開封率が高くなるなどの効果が期待できます。
サイズも定番のA4サイズからCDなどを入れるのに最適な大きさの物など様々です。
基本は透明ですが、会社のロゴなどを印刷することも可能です。
透明封筒に良く用いられる素材はOPP(Oriented Polypropylene)製が一般的でOPP封筒と呼ばれています。
しかし、通常のOPPの場合サイド部分を引っ張ると裂けてしまうこともあります。
そこで、重いカタログなどを入れる場合には丈夫で破れにくいCPP(Cast Polypropylene)製の物が向いているでしょう。
OPPでもフレームシール加工を施したものなら丈夫です。
透明封筒は密閉されやすいため、気圧や温度変化で中の空気が膨らんで破裂することもあります。
そこで密閉する必要がない物の場合パンチ穴を開けておくと破裂を防ぐことができます。
業者に封筒を発注する場合は最初から穴が開いているものもあります。
そのような知識も知っておくといいでしょう。