紙と透明封筒の違い

紙と透明封筒の違い 自宅に数多くの郵送物がきたりすることでしょう。
買い物をしたりすることで住所や氏名などが登録されたりして関係のカタログや冊子、広告といったものが送られてくるようになったりするのです。
かなりたくさんくるようになると、中身を確認しないで送り先などを見て処分をしてしまうこともあるかもしれません。
ダイレクトメールでは従来の紙の封筒でくることもありますし、半透明の封筒でくることもあります。
最近では最も多いパターンとして透明封筒で中身が見える形でくることもあるのです。
中身は同じものであっても、透明封筒と紙の封筒などでは受け取る人の印象も違ってくるものです。
中が見えることで興味を持って開封しようという気持ちになったりするのです。
透明封筒に宛名シールが貼ってあることもありますし、中身の書類に宛名がついていることもあります。
送り主からしても透明封筒にすることで紙の封筒よりも重さが軽くなるので、郵便料金の問題や封筒自体の費用としてもコスト削減につながります。
そして紙では雨などの水濡れで中身がよれたりすることもあるのですが、透明のものでは中身が濡れずに劣化や退色なども防ぐことができたりするので、とても便利に使うことができるのです。

捨てられない!「ショップ袋」のリメイク&活用法

捨てられない!「ショップ袋」のリメイク&活用法 ショップ袋、というのはたまっていくもので、その上、思い出もありますし、見た目も素敵なので、中々捨てられずに家にたまってしまうものです。
しかし紙袋と言うのはかさばってしまう物。
うまい活用法を考えて行きましょう。
まずハイブランドの紙袋はそれだけで値段が付くもので、オークションでショップ袋だけで販売されています。
オークションを利用出来る人は、それを利用するのもお小遣い稼ぎになるでしょう。
また、紙袋はそれだけでデザインとしてオシャレなので、誰かに贈り物をする時に渡すバッグとして利用するのもいいでしょう。
最初に「お菓子作ってみたんだけど」や「面白い本があって」等と言って渡すと、ブランドものだという誤解もなくて、しかもオシャレなバッグも渡せて感じがいいですね。
また、上級者、センスがいい人にはショップバッグをリメイクする活用法もあります。
これのポイントは、ショップバッグのデザインがそれだけで完結しているオシャレな物ということを理解すること。
だから、少しだけ、同系統のアイテムのシールやステッカー、リボンやロゼッタをつけるというのがいいでしょう。
それか、いっそそのブランドか分からない位にカスタムしたり、ロゴを切り取って、ノートや家のインテリアの一部にさりげなく加えるのもいいでしょう。